読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松川印刷 まつかわ君のブログ

デスクからお届けする遊びとビジネスとグルメの情報

料理を引き立たせる色の話

今日は食卓からお届けします。

 

f:id:gremgtem:20161227171328j:image

 

じゃーん。

この世で最高に美味い食物の1つ。

pizza!

 

イタリアンは色の使い方がとてもキレイです。

イタリア国旗もそうですが、白赤緑を基本としています。

 

料理の基本は「塩加減」と「色どり」ですが、
色使いが良いと美味しいそうに見えてテンションが上がります♪

 

写真のマルゲリータはシンプルな素材の美味さが特徴ですが、色もシンプルでキレイです。

 

トマトソースの赤とバジルの緑。

色彩的にも最高の組み合わせですね。

赤と緑は補色になっているからです。

 

補色とは、色相環 (color circle) で正反対に位置する色の組合せのことで、お互いの色を目立たせる効果があります。赤-緑,青紫ー黄色などの補色配色は非常に目立ちます。

 

マルゲリータにバジルが乗ってなかったらどうでしょうか。イマイチ見た目が仕上がりませんよね。バジルは補色であり、アクセントカラー(差色)にもなっています。これがあるのと無いのでは大違いです。全体のバランスはモッツァレラの白でとっています。

 

バジルやパセリなどのハーブ類は味や香りよりも、色どりの為にあると僕は思っています。

 

はい。

では、ようやくお店の紹介をいたしましょう。

ここは六本木の裏通りのグルメ通りにある、バッジオです。

あゝ、ここのピザはホント美味いすね〜。

サラダやパスタ、肉類なんかも美味しいです。

そしてカジュアルでリーズナブルなのが嬉しいところです。ヒルズで映画を見た帰りなんかに是非寄ってみてください。

 

グルメ通りの他のお店も随時ご紹介していきますのでお楽しみに。

 

 ピッツェリア・バッジオ

 https://s.tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13005379/